Apple Watchの通知機能を有効活用!治したい癖や身につけたい習慣に最適。



こんにちは、がじゅまるです。

突然ですが、みなさんは”治したい癖””身につけたい習慣”はありますか?

日常で無意識に繰り返してしまう”癖”。

それが自分にとってプラスになる癖ならいいですけどね。

健康を害したり、他人に不快感を与えたりと、

そういった癖は治したいものです。

例えば、

・猫背

・貧乏ゆすり

ただ、癖は”無意識”に生じてしまうのが厄介なところ。

気をつけている間は抑えられますが、

何か別のことに気を取られている、ふとした瞬間に、

癖は顔を出します。

つまり、癖を抑えることを意識できていない時に、

物理的な刺激で、思い出す”きっかけ”を作ることができればいい訳です。

また、身につけたい”習慣”なんかも同じですね。

・深い呼吸を意識する

・水を頻繁に飲む

習慣も、意識できている間は継続できますが、それも長くは続かないもの。

治したい癖も、身につけたい習慣も、例えばその”きっかけ”をiPhoneのリマインダーに託したとしましょう。

1時間に3回のリマインドとすれば、20分に一度、iPhoneが振動します。

ポケットの中で振動するiPhone。それがLINEなのか、ショップからのお知らせなのか。

20分に一度振動するたびに、ポケットからiPhoneを取り出して、

振動の正体を確認するのは、なかなかに面倒。

というか、仕事中なんかであれば、基本的にはスルーしますよね。

そんなお悩みを解決してくれるのが、Apple Watchです!

たくさんの通知をストレスなく受け取れるのがApple Watchの強み。

最初は20分に一度くらいにしてみて、癖を自分で意識できるようになったら、

徐々に回数と頻度を落としていくのもいいかもしれません。

Apple Watchを有効に活用して、厄介な癖を治し、有益な習慣を身につけましょう!



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。