Apple Watchは”無音のアラーム”に最適。職場や電車内での目覚ましに!



こんにちは、がじゅまるです。

今回はApple Watchの”アラーム機能”について、お話させていただきます。

アラーム機能はApple Watchにデフォルトで搭載されています。

この機能、ずばり、おすすめしたいシーンがありまして、

スマホのアラームを、音を出さずに、無音で使いたいといった場面です。

職場のお昼寝タイム、電車内でのリマインド、その他さまざまなシーンで無音アラームを使いたくなりませんか?

ただひとつ問題は、

無音だと気付きにくい。

という点。

「気づかれない」というのは、アラームとして致命的。

無音アラームの場合、音の代わりにバイブレーションで伝達されますが、

やはり音に比べて、スマホからの振動は気付きにくいです。

睡眠中なんかだと特に。

そんな時に活躍してくれるのが、Apple Watchです。

寝ていても作業をしていても、常に肌に密着しているApple Watch。

ポケットなんかに入れているスマホに比べ、

バイブレーションの伝わり方は段違いです。

寝ていても気づきます。起きられます。

Apple Watchが持つ、通知の”受け取りやすさ”、”気づきやすさ”という利点、

アラームにも活かされます。

わたしは職場でお昼寝する際に、よく使っていますが、

気づかずに寝過ごしたという経験は一度もありません。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。