M2 Macbook Air とiPad Air 持ち運び、サブ機として優秀なのはどっち?

2022年9月12日




こんにちは、がじゅまるです。

M2 MacBook Airを購入してしばらく経過しましたが、

実は私が購入に至るまでの間に、

「iPadにするか、MacBook Airにするか」

という2つの選択肢の間で揺れ動いていました。

といいますのも、私のメインマシンのMac miniについては、購入から7年が経過しようとしているにも関わらず、なんとか現役で活躍していたため、

「メインユースのPCがどうしても必要だった」というわけではなかったのです。

どちらかと言えば、「持ち運べて、外で使えるハードが欲しい」という想いが、今回の端末購入の発端でした。

「メインは引き続きMac miniで」、ということであれば、

サブ機はiPadでもいいのでは?と思ったわけです。

iPadを選ぶのであれば軽量で大画面の”Air”だろうと考えていましたので、

iPad AirとMacBook Airについて、いろいろと比較してみました。



MacBook Air vs iPad Air!!

複数のウインドウを同時に使いたい

私が外出先で使う用途としましては、

①ブログ記事の作成
②動画編集

が主な使い道です。

どちらの用途にしても、「複数のウインドウを同時に使いたい」というのが重要なポイントになります。

①のブログ作成で言えば、書きながらネットでいろいろと調べたり、別の資料から数値や言葉を引用したり。

②の動画編集で言えば、写真や音楽などの素材を選んだり、シナリオを確認したりなど、です。

複数のウインドウを見やすければ見やすいほどいいわけです。

その点で言うと、やはりMacBook Airに軍配が上がると思います。

iPad Airでもマルチタスク機能でいけないこともないかもしれませんが、

”配置の自由度”や”切り替えの操作性”など、どうしてもOSの差が響いてしまうと思います。

軽い方を選びたい

これも大きな問題ですね。

私は外出先では常に持ち運びたかったので、少しでも軽い方を選びたいと言う思いが強かったです。

で比較しましょう。

まず条件ですが、上述のとおり、私のメインの用途としてブログ記事の作成がありますので、

iPad Airにキーボードを付属させるのは必須です。純正のもので比較してみます。

◆M2 MacBook Air 1,240グラム

◆iPad Air(Wi-Fiモデル) + 純正キーボード  1,061グラム

結果はiPad Airの勝ちです。

また、iPad用のキーボードは、サードパーティのものであればさらに軽量のものも売っているようです。

iPhoneとの使い分け

最終的にはココでした。

iPad Airでできることは、ほとんどiPhoneでできる。

ということ。

iPad OS と iOSというOSの違いはありますが、基本的な構造は同じだと思ってます。

iPhone & iPadより、iPhone & Macbook の方が、それぞれの役割で使い分けが可能であると判断しました。

例えばわたしの使い方で言うと、ブログ記事のサムネイル画像にタイトルを入れる場合なんかは、

iPhoneアプリの方が使い勝手がいいのでそっちを使ったりしてます。



iPhone & Macbook のコンビが最強!

OSによる使い勝手や本体の重量、他にもいろいろな点で迷いましたが、

結果的に今回の選択は正解だったなと思っています。

常に持ち運びが可能なこのコンビ。是非、参考にしてみてください。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。