相手に失礼かも。。。メールやLINEの返事は先延ばしにしないよう、すぐに対応しよう!


こんにちは、がじゅまるです!


最近、Youtubeやニコニコ動画で、『メンタリストのDaiGoさん』の動画をよく観て、勉強しています。


すごく面白いですし、勉強になりますよ。おすすめです!


そこでDaiGoさんが情熱を持って語っていたのがこちら(↓)


「if-then planning(イフ-ゼン プランニング)」


です。


これは様々なことを”習慣化”したい時にとても有効な手段だそうです。


「if」は「もしも」


「then」は「それから」


簡単に言うと、


もし(if)自分が◯◯な状況になったら、それから(then)◆◆しよう!」


とういうルール作りです。


「そりゃ”習慣”なんだから当たり前じゃないの?」


って思うかもしれませんが、


DaiGoさん曰く、


毎日の特定の行動場所状況を”習慣化したい行動”のトリガーにすることで、”習慣化”を途切れさせないようにすることができるみたいです!


これを私も実践してみようと思い、最近は「がじゅまる流 if-then planning」をいくつも考案中なのです!


そして今回、私が最初に思いついたルールがこちら。


「【if】返信相手に影響を及ぼすようなメールやLINEが来たら、【then】すぐに返信する!」


これです。




私はもともと、メールやLINEのやりとりがあまり好きではありません。


内容を見て、「あとで手があいたら返信しよー」と思って、2〜3日経過してしまうことも。。。


これは社会人として、いや、人としてどうなんだ!?


と考えたのがきっかけであります。


まず、「返信相手に影響を及ぼすようなメール」とは何か。


例えば、


「今日は天気がいいから外でBBQしてるよ〜♫また写真送るね!」


これは「影響を及ぼさないメッセージ」。


ただの報告です。


つまり、私が返信しようがしまいが、返信相手の生活は変わらないのです。


では次。


「今週の土曜日、天気良さそうだからBBQしない?返事待ってるね〜!」


これは「影響を及ぼすメッセージ」です。


もし私が「欠席」であれば、相手は別の人を誘うかもしれません。


もし私が「出席」の人数に加われば、目的地までの交通手段を大きい車にするか、小さい車にするかの決断が必要になるかもしれません。


これが私の基準です。




要は、「相手に迷惑をかけないようにしよう!」ということです。


ただ、そうは言っても「yesかnoか」、すぐに返答できないケースもあります。


そんな場合でも、「がじゅまる流if-then」は発動します。


「ちょっと予定確認してみないとわからないから、今夜また連絡するね!」


これをすぐに送ろうと思います。


はっきり言って、この内容を送ったところで相手の状況は変わりません。


ただ、これを送っておくことで「少なくとも前向きに検討してくれいるんだ」という安心感を相手に与えることができますよね。


「後で送ろう」という考えは、実際に相手に伝えなければ意味を成しません。


BBQの例で言えば、相手は自分を誘ってくれています。好意で。


その気持ちを”ないがしろ”にしてはいけないと、私は改めて思います。




この考え方、批判される方もいるかもしれませんね。


「メッセージを送ってきた人に対して、そこまで気を遣う必要はないでしょ。」と。


もちろん、自分の優先事項を犠牲にしてまで返事にこだわる気はありません。


「面倒だから後にしよう」


「返答に迷うから後にしよう」


これは相手に失礼だなと。そう考えたために行き着いた「ルール」です。




今は「常時オンライン化」と言われるほどに、ヒトが常にインターネットに晒され続けている時代です。


私は、ひと昔前のメールと比較して、現代の”電子メッセージ”は性質が違うものと考えています。


面と向かって話しかけられて、”無視”するようなことしませんよね?


メールやLINEもそれと同じ時代になっているんだと考えています。


常にオンライン状態の時代だからこそ、メールやLINEのコンタクトも、実際に相手と向き合ったコンタクトも、同じように対応したいと、そう考えました!


文章打つの面倒でも、LINEであれば「スタンプ」一個で済ましちゃうとか、やりようはいくらでもありますしね!笑


えらそうな事言ってますが、私自身も「習慣化」しようと心に決めただけです。笑


でも頑張ります!”常時ヒマ人”と言われるほどの返信スピードを目指しますッ!!笑





最後まで読んでいただき、ありがとうございました。