お酒の量を減らしたい。晩酌を愛する私なりの対策を練ってみました。

2020年2月8日


こんにちは、がじゅまるです!


私の晩酌はまずビールから始まります。


これは100%間違いなく。笑


そしてその後、何で締めようか、となる訳ですが。


かなりの確率で”ハイボール”に落ち着きます


ウイスキーのハイボールです。


香りが上品で、炭酸が心地よく、後味スッキリ。


ナッツやチョコレートなんかを”つまみ”に飲むと、至福の時を過ごせます。


(そのせいか、最近”よこっ腹”にお肉がたくわえられている気がする。。。)


さて、私はハイボールを飲みたい時、”缶”で買うのではなく、原液のウイスキーを炭酸で割って作っています。


ウイスキーの濃さもお好みでできますし、一本100〜200円ほどの”缶”を買うよりも経済的


さらに我が家には炭酸メーカーがありますので、とてもお手軽にハイボールを楽しむことができるんです。


飲みたければ飲みたいだけ、ハイボールを楽しめる環境に身を置いているわけです。




これが問題なんですよ。。。笑


そうなんです。


手軽に作れるだけに、ついつい飲み過ぎてしまうという欠点があります。


ん〜、どうしたもんか。


ハイボールを飲みながら考えました。笑


そして閃きました!!


「グラスをちっちゃくすればいいんだ!」








笑わないでくださいね。マジメに考えた解決策ですよ!笑


私は普段、ハイボールを飲むときは大きめのグラスを使用しています。


というか、氷を入れて→ウイスキーを入れて→炭酸入れて、って考えたら、ハイボールって比較的大きめのグラスが普通ですよね?


これを小さめのグラスにしてみてはどうだろう?と考えたわけです!


BARのカウンターで、ウイスキーをストレートで飲むような時の、ちっちゃいグラス。


試しに”ミニ”ハイボールを作ってみることに。


初めて出来上がった時の感想は、


「絶対足りない。。。」


ほとんど氷でいっぱいになっちゃいますから、ウイスキーなんてちょこっと。


「あっという間に2杯目、3杯目ってなっちゃうな。」


と。思ったものの、なんとこれが「大正解」!笑


ほとんど物足りなさを感じることなく、晩酌を堪能できたんです!


それはなぜか?


簡単に言うと、いくら炭酸メーカーがあって自由に作れるとは言え、ハイボールを作るのはそれなりに面倒。


テレビ観たりなんかしていると特に。


”おかわり”しづらいが故に、飲み過ぎの抑止力になります。


さらに、飲むペースにも変化が。


たくさんあるとグビグビ飲んじゃいますが、始めからちっちゃいグラスだと、飲むペースもそれ相応に遅くなるんです!


不思議ですね。笑


「ハイボール=毎日の晩酌の”締めくくり”」な私。


正直なところ、大きめのグラスにつくったハイボールを、寝る前に無理して飲み干すということもしばしば。


残すのは勿体無いですしね。


小さいグラスだと、「もう少し飲めるけどなぁ。」くらいのところで終われます。


時間的にも、手間的にも、わざわざもう一杯作ろうとはなりませんので、スッパリやめられるんです。


当然のことながら、ウイスキーの減りも遅くなりましたので、経済的にもイイ感じ♫




「お酒をやめよう。」


「飲む量を減らそう。」


そういった強い気持ちは私にはありませんので、グラスをちっちゃくしてみました。笑


個人的には効果ありと思っています。


ハイボールの他にも、焼酎の水割りやレモンサワーなど、”水”や”炭酸”で割るようなお酒には効果が期待できるかもしれません。


晩酌は毎日の”ご褒美”だからこそ、健康にも気をつかった飲み方をしたいですね。


私は今日も晩酌を楽しみたいと思います♫





最後まで読んでいただき、ありがとうございました。