”消せるボールペン”。フリクションが遂げた更なる”進化”!

2020年2月5日


どうも。がじゅまるです。


今回は私が愛用する”文房具”のご紹介です。


みなさん、フリクションてご存知ですか?


いわゆる、”消せるボールペン”ですね。


使っている方も多いと思いますが、一応説明させていただきますね。


フリクションは、株式会社パイロットコーポレーションが販売しているボールペンです。


2007年に販売開始しまして、なんといってもその特徴は、


書いた文字を消せる!ボールペンなのに!


ということです。


ペンのお尻にある”ラバー”でこすることで、書いた文字が消えます。


摩擦熱によるインクの”透明化”で消えているため、消しゴムのように消しカスが出ません。


この記事を書くために調べたんですが、65℃の熱で消えるようです。


そしてなんと!


−20℃になると消えた文字が戻るらしいです!笑



という豆知識は置いといて。


このフリクションというボールペン。


初めて使ったときは衝撃的でしたね。


これ以前にも、「消しゴムで消えるボールペン」みたいなのはあった気がしますが、私の記憶だと、


あんまりきれいに消えなかった記憶があるんですよね。ちょっと跡が残る感じ。


フリクションはきれいに消えます。


先にも書いた通り、65℃で消えますので、例えば、真夏に車のダッシュボードに置いておいたりすると、全部消えます。


そういったことから、「仕事の書類でフリクションを使うのはNG!」なんて注意を受けたこともあります。


dそんな教育を受けた上で、私は今、バリバリ仕事で使ってます。笑


色の使い分けができて、間違えたら消せるって、やっぱり便利です。


ただ、フリクション好きな私ですが、”不満”がないわけではありません。


使ったことのある方であればわかると思いますが、


フリクションのインクって、微妙に”かすれっぽい”時ありませんか?


なんというか、ボールペン使ってて、「もうすぐインクが無くなる時」みたいな。笑


フリクションインクの特性なんだと思います。固まりやすいんですかね。


その影響か、替え芯を購入してもインクが出ないなんてこともありました。


そんな私の悩みを解決する新商品が、この度発売されたんです!


その名も「フリクションポイントノック04」です!

購入はこちらから


こちら、2019年9月1日より販売を開始しています。


「シナジーチップ」なるものを搭載していまして、


書き出しの安定感


なめらかな書き味


を実現しています。


もうね、私も書店でちょいと試してみて、


即買い
しました。笑 8本一度に。


先ほど私が”不満”としてあげた、”かすれっぽさ”はないです。


普通のボールペンのような書き味。


最強です。笑


芯の細さは「0.4mm」


フリクションにはもともと、ちょっと太めの0.7mmや、極細の0.35mmとかがありました。


今回の0.4mm。私的にはベストサイズです。


「大きめに強調して書きたい時」も、「小スペースに細かく書きたい時」も、どっちもいけます。


そしてそして。機能面だけでなく、


デザインもかっこいい


今までのフリクションは、”クリップ”部分が透明でプラスチック感満点でした。


ですが新商品は、シルバーで高級感があります。


また、消去用ラバーもそれぞれのインクカラーになっています。グッドです。


べた褒めですが、ほんとに気に入ってます。笑


もともとボールペンには、「鉛筆よりもはっきりくっきり書ける」「様々なカラーを選べる」というような利点がありました。


唯一のデメリット、「消せない」という点を消化したフリクション。


発売してから10年以上経過しますが、まだ進化しています。


これから先も使っていきます。


まだ使っていない方、おすすめです!




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。