豊かな暮らしの”天敵”!口内炎を未然に防ぐ!

2020年2月5日


どうも。がじゅまるです。


突然ですが、口内炎にお悩みの方。


その悩み、共感します。。。


口内炎てツラいですよね。美味しいはずの食事も、楽しいはずの会話も、台無しです。


私は”平均以上”に口内炎ができる体質だと自負しております。笑


口内炎とは長い付き合いですので、対策についてはいろいろ分析し、実践してきました!


結論から申し上げますと、いまだに口内炎とお付き合いをさせていただいております。。。


完全に”お別れ”するのは、なかなかね。。。難しいです。。。


ただ、何も対策をしなかった場合に比べ、”マシ”にはなったかなと思います。


口内炎を患う”回数”も、患ってから治癒する”期間”も。


そこで今回は、私が実践している「口内炎対策」について書かせていただきます!


まず、多くの方が口内炎の原因と考えている「ビタミン不足」ですが。


これに関しては気にしなくていいと思っています!


もちろん、因果関係はあるのでしょうが、今の時代に、口内炎の”直接の原因になるほどのビタミン不足”に陥るなんてことは、そうそうないかと。


じゃあ、警戒すべき”口内炎の原因”は?私はコレだと考えます!


・口内の傷
・胃の不調


この2つだと思います。


口内の傷。食事中に口を噛んでしまったり、歯ブラシで傷つけてしまったり。


そうすると、傷が炎症を起こし、口内炎の出来上がり。


もうね、口を噛んだ時、”その痛み”よりも「また口内炎かよ。。。」の方が勝ります。笑


傷ができたときは、”炎症”を未然に防ぎましょう!


口内の消毒!そう!マウスウォッシュです!


口内炎の”治療法”としてマウスウォッシュを挙げられている方もいますが、悪化させる恐れがあるので避けた方がいいかと思います。


私が言いたいのは、”予防策”としての利用です。


口内には常に”菌”がいます。


朝、昼、夜の歯磨きの後、マウスウォッシュを使って”常にキレイな口内”を保ち、”炎症”を起こさない環境を整えましょう!


続いて、胃の不調。


食べすぎ、飲み過ぎ、ストレス。


いろんな原因で胃の不調が生じると、口内炎ができます。


対策といっても非常に難しいです。


もちろん、一番効果的なのは「食事に気をつけること」だと思いますが。


暴飲暴食、激辛・激アツ料理、避けたいですが、難しい時もありますよね。


そんな時は胃薬


「そんだけかよ!笑」ってツッコミたいですか?


胃薬をなめたらいけません!笑 


そもそも、みなさんが胃薬飲むのって、「胃がムカムカしてしょうがない。」てゆう、”明らかな不調”を感じたときじゃないですか?


実感として胃の不調は感じなくても、「昨日は食べ過ぎたな。」って思う日は、胃薬飲んじゃいましょう!


クスリに頼るのはよくない!って思われるかもしれません。


ですが、市販の胃薬って、”漢方”が多いです。化学薬品に抵抗がある方も、漢方なら。


以上、私なりの対策を書かせていただきました。


・毎食後のマウスウォッシュ

・意識的な胃薬の使用


簡単そうに見えて、意識しないと実践が難しいと思います。


なぜなら、口内炎になる”前”だから。


口内炎になってからの治療法って、ご存知の方いませんか?


私もいろいろ試しました。


市販薬も試しましたが、”痛みを鎮めてくれる”だけで、治るまでの期間に大差ない気がしてます。


なので私は、”予防”に全力傾注!


健全なお口で、”美味しい食事”と”楽しい会話”を




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。