脱・”新しいものアレルギー”で、未来を生き抜く!

2020年2月5日


どうも。がじゅまるです。


“流行”や“技術革新”を嫌う方、皆さんの周りにはいませんか?


最近で言えば、圧倒的なスマホ時代にもかかわらず、頑なに”ガラケー派”を貫く方。


悪いとは思いません。


スマホが当たり前になった今だから生じている“現代病”もある(らしい)わけですし。


ですが、私はこう心がけています。


「新しいモノに対しては興味を持ち続ける」


”スマホorガラケー論争”で言えば、どちらの特性もよく理解した上での“スマホ否定”であれば納得できます。


どちらにもメリット・デメリットはあるわけですしね。


「めんどくさそうだから、古いままでいいや」


という考え方だけはしないようにしよう!ということです。


これからの時代、AI5Gなど、技術革新が急速に進歩していきます。


これは“ライフスタイル”や“娯楽”への影響だけではなく、


“仕事”や“教育”にも大きな影響を及ぼすと、私は思います。


「面倒だから」と敬遠していると、


「職を失う」「子供の成長の弊害となる」といったことにつながるかもしれません。


大人も、子供も、”超情報化”社会に対応できないと、苦労する時代になるでしょう。


私も、「新しいものはだいたい知ってる。」なんてゆう”達人”になりたいとは思っていません。


「ふーん、こういうのが今流行ってるんだ。どんなものか試してみるか。」てな心構え。


自分からガシガシ求めに行くわけではなく、触れる機会があったときに「敬遠せず、興味を持つ」ということを意識しているだけです。


今、職場でパソコンは当たり前ですが。


50代以上の上司の方で、パソコンをほとんど使えない。いまだに手書き。なんて方いませんか?


「古きよき」もいいですが。


「電車もバスも車も乗らねえ!足腰が弱っちまうわ!」


なんて超人いないですよね?


「パソコンは使いません。字が書けなくなり、暗算ができなくなります。」


大丈夫でしょう!


毎日数十kmの道のりを歩けないのが”普通”であるように、


漢字を書けなくても、難しい暗算ができなくても、普通に生活できるのが今の時代です。


「たくさんの漢字を美しく書けます!」
vs
「パソコンで長文の書類を素早く作成できます!」



「3桁の掛け算を暗算でいけます!」
vs
「パソコンの関数で大量のデータ処理ができます!」


どちらも”後者”が求められる時代でしょう。


これからの時代の流れは急加速すると思います。


その流れに取り残され、職場で“お荷物”とならないように。


子供の未来をしっかりと見据え、時代に合った子育てができるように。


脱・”新しいものアレルギー”で、時代の流れに取り残されないよう、意識改革をしてみてはいかがでしょうか?



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。